フィールドエンジニアリングサービス

フィールドエンジニアリングサービス

自動車の価値は、やはりエンジンである事は間違いないが、もう一方で、「機能システム」の重要性がある。自動車の販売は競争が激しくなり、標準化やオープンイノベーションが加速すると思われる。今後、機能システムは自動車会社だけでつくる領域ではない。あらゆる日本に存在する先進技術をつなげ、機能システムとして提案できるには、トータル的なクルマの開発力を伴い、更に閃きが必要である。AZAPAは、クルマの価値創造を実現する会社である。

/ 車両設計

車両開発のコンセプトデザインからプロダクションまでの全工程において、機能システムを構成するECUとユニット、車載ネットワークのすべての整合性を担保し、性能・信頼性・安全性などあらゆる適合条件をクリアします。また、複雑な開発アプローチを常に最適化するプロセス改善を進めます。

  • SOP(Standard Operating Procedure / 標準作業仕様書)による現状把握
  • TOC思考プロセス U-shapeモデルよる根本原因の解消アプローチ
  • コミュニケーションによるインテグラル型の開発推進力

/ 制御ソフトウェア開発

複雑化した制御ソフトウェアの構造を見直し、機能システムとして理解しやすく、 整合性のとれたインターフェースと最適化されたアーキテクチャーの実現を支援します。また、モデルベースを利用した開発プロセスの効率化ツールの開発を行います。

  • ソフトウェアの標準化
  • ソフトウェア構造の指標化と最適化
  • モデルベースによる開発プロセスの効率化
  • プロセス効率化のためのツール開発

/ フィールドテスト

V字プロセスにおける実車評価および実装した機能システムの設計検証と品質確保を実現します。実車評価を効率化する手段として、X-ILS(X In-the-Loop Simulation)などのバーチャルシミュレーションによる設計思想や設計アーキテクチャーの妥当性、コーディングレベルでの品質メトリクスを評価します。

  • ソフトウェア評価 ー静的・動的コード解析
  • 機能評価 ーバーチャルシミュレーション(X In-the-Loop Simulation)
  • 実車評価 ー官能評価

/ 適合開発

車両特性を決定する機能システムのパラメータを調整し、エンジン出力と燃費性能、運動性能とエミッションといった段階的トレードオフによるバランシングを行います。

  • 適合パラメーター設定 ーマップ、制御変数
  • 段階的トレードオフ設計 ーストイキ、燃費性能、排ガス
  • 法規制対応

ページの先頭へ