モデルベースドソリューション

モデルベースドソリューション

自動車分野において、開発設計段階でのモデルベース技術に早くから精通し、パワートレーン領域での圧倒的な技術力とモデルベースド技術をプラットフォームとした、プロセス全領域での新たな価値を提案することが可能です。例えば、モデルによる制御のポイントを見つけ、提案することは自動車の制御とモデルの両軸の技術を必要とし、この領域では他社を寄せ付けません。自動車を取り巻くエネルギーマネージメントにおいてもモデルベースを活用します。

モデルベースドソリューション
  • MBR
  • MBD
  • MBT
  • MBC

/ MBR— Model-Based Requirement

TDM(Total Design Management ) for Automotive とは、顧客要求と製品の実用性の双方を満足する最適解を導く設計手法です。顧客要望は運転の楽しさ・品質・コストなど様々の機能因子を含み、エンジン燃焼モデルで解析することでエンジンの形態仕様(ハードウェア)および制御仕様(ソフトウェア)の最適解を紐解きます。

  • Value Architecture Design(VAD)
  • Set Based Design (SBD)
  • Model Based Risk Management (MBR)
  • エネルギー燃焼モデル

/ MBD— Model-Based Design

MBRでの顧客要求の最適解を機能展開します。開発プロセスを効率化するためにモデル仕様書による結合、シミュレーションによる設計の妥当性検証、モデルからの自動コード生成など、モデルベース開発による段階的な機能詳細化は手戻りを低減し、開発効率化を実現できます。

  • 最適解からの機能展開
  • アルゴリズム開発
  • モデル構造の最適化
  • 自動コード生成
  • モデル開発支援ツール

/ MBT— Model-Based Test

プロセス段階で機能システムの設計検証および品質確保をモデルベース技術によるラピッドプロトタイピングを実施することで可能とし、プラントモデルを含むX-ILS(X In-the-Loop Simulation)環境の構築および課題解析による設計プロセスへのフィードバックを効率化することで、開発期間の短縮(コスト低減)と品質向上を実現します。

  • X-ILS(X In-the-Loop Simulation)
  • バーチャルテスト検証の構築 ー背反チェック
  • 統計モデル生成による軽量化技術
  • スピードおよび品質モジュラリティによるモデル改善 ークラスタリングとモデル結合強度の見える化
  • 制御ロジックのロバスト性検証 ー制御パラメータの妥当性検証

/ MBC— Model-Based Calibration

MBRによって導かれた要件設計の最適解とプロセス過程でのナレッジを活用し、モデルベース技術による適合開発の効率化を可能とします。また、計測システム開発や適合プロセスの改善などのソリューションも提供します。

  • 実験デザイン ー実験計画法(DoE)によるデータ計測の効率化
  • 過渡フィルタモデルによるデータ補完技術
  • 統計手法によるモデル抽象化と予測技術 ー実験データによる同定式
  • 適合パラメータ最適化 ーパレート分析によるトレードオフ適合
   

その他

  • エンジン燃焼メカニズムの可視化
  • 適合プロセス改善
  • 計測システム開発 ーカメラセンシングによる振動解析
  • スマート適合 ークラウド、スマートデバイスによる適合システム

ページの先頭へ