テレマティクス

テレマティクス

/ ビックデータ

通信モジュールを搭載し、GPSなどのセンシング機能を備え、車載ネットワークと通信する車載器がクラウド上にデータを集積する。そのデータは、従来の車両情報や運転状況だけでなく、路面μやドライバーのストレス度など多目的なデータソースまでも取得し、必要な情報へ変換し、安全や快適なモビリティ社会を身近にします。

ビックデータの分析技術では、3つの局面を理解して考えます。

  1. Descriptive(説明的)
    データー・ソースを結びつけて、何らかの説明づける
  2. Predictive(予測的)
    データから法則を導き出す統計的モデル化
  3. Prescriptive(指示的)
    最適化手法により適切な判断をしてくれる技術
  • 故障診断予測
  • 燃料補給タイミングの最適化
  • 運転とバイオリズムにおける関係性の解明

/ サービスアプリケーション

カーナビおよびスマートデバイス上で運転支援を行うアプリケーションの企画、開発を提供します。また、サーブス開発として、生態を空間アーキテクチャーで定義し、ネガティブーポジティブ因子を発見し、Blue-Ocean QFDに当てはめることで、そのギャップをサービスとして確定する独自手法を持っています。

  • ヘルプネット(緊急通報サービス)
  • OBDⅡサービス連携
  • 位置情報サービス

ページの先頭へ