次世代通信モジュール

次世代通信モジュール

自動車に通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供するテレマティクス。これまでのカーナビとクルマの関係は局所的な連携しかしていなかった。今後、コネクティッドビークルとして新たなソーシャルネットワークとの連携を実現しようとしている。クルマの情報だけでなく、運転者の行動意識や健康状態、ビックデータとして形成されるあらゆるデータを分析し、運転者とその周辺の環境や人へ回帰させることでクルマは運転者だけでなく、社会全体の一部として、エネルギー、情報を最適化する。これにより渋滞回避だけでなく、人や環境を配慮した安全性などを確保でき、社会的インセンティブやベネフィットの恩恵を受けることでしょう。

/ WiFi-Direct

アクセスポイントを中継せず、デバイス同士をP2P接続できる新しい通信仕様で、1対1、グループ間同時接続、ホッピングによる広域ネットワークを接続できることからツナガルの可能性を広げます。

  • すばやいコネクトション確立 ー車車間通信
  • ホッピングによる距離の拡張性
  • 画像

/ Bluetooth Smart— Bluetooth Low Energy

iBeacon、PayPal Beaconでの基本技術であるBluetooth Low Energy(BLE)は、従来のBluetooth規格(Classic)よりも利用範囲を拡大し、無線標識と使われるBeaconとの組み合わせにより、ウェアラブルなどの自由度のある搭載を実現する。

  • 電波範囲内での相互感知によるコミュニケーションーウェアラブル
  • 電波強度による距離の把握 ー衝突回避
  • インドアナビゲーション(施設内表示)ー駐車探索

ページの先頭へ