次世代モビリティ

次世代モビリティ

/ 超小型モビリティ
AZP-LSEV Production year:2011

これまで、クルマの価値創造は自動車メーカー以外で実現することはありませんでした。それは、エンジンの機能性や燃費などの高効率化こそが課題であるとされたからです。しかし、近年ではユーザー要求が多様化し、エンジン以外での機能システムを求められ、EV環境でも十分に価値創造を実現できることに着想し、開発実証向けの開発プラットフォームとしてモビリティをつくりました。これによって、新しい制御方法や機能システムを誰でも創造することができます。

  • 静脈認証システム
  • パーソナライズ機能
  • インホイールモーターの高機能制御
  • 走行制御アルゴリズムー粘着制御(東京大学)
  • ソーシャルネットワーク連携
  • モデル開発環境の搭載ーラピッドプロトタイピング開発
  • 画像

/ 未来を考えるモビリティ
AZP-UDiS / Urban Design interface System Production year:2013

  • 画像

サスティナブル社会におけるエネルギーとの関係性とモビリティ・マネージメントを想定した未来を考えるモビリティです。
エネルギー、時間、空間などを利他的行動を補完する機能を搭載し、未来を考えます。

  • コネクテッドモビリティ ーInternet of Everything
  • エネルギーシェアシステム
  • ペルソナアルゴリズムによるドライバー特性
  • NUI ーHUDインターフェース
  • 利他的行動アルゴリズム

ページの先頭へ