AZAPA

NEWS

カーナビゲーション協調制御テスト向けに 『NAVI Turn Table』を発売

AZAPA 株式会社(愛知県名古屋市中区錦2-4-15、代表取締役 近藤康弘、以下AZAPA)は、燃費改善のために採⽤が広がっているナビゲーション(以下、NAVI)情報を活⽤した協調制御のテスト⽤システムとして『NAVI Turn Table』を発売します。

各⾃動⾞メーカーより地図情報やNAVI 情報を活⽤した先読み予測を⾏い、⾼度なエネルギーマネージメント制御を⾏うことで、より⼀層の低燃費化を狙う技術が採⽤されています。開発現場においては、新たな制御の機能検証フェーズやHILS(Hardware In the Loop Simulation)テストの際に想定する⾛⾏時の出⼒データを、NAVI 実機から取得する必要があります。

『NAVI Turn Table』 は、お客様のシミュレーションによるNAVI 搭載位置のヨー⾓、ピッチ⾓計算値を⼊⼒することで、実⾛⾏時のNAVI システムのヨーイング・ピッチング挙動をリアルタイムに模擬することができます。NAVI システム内に搭載されたジャイロセンサからの出⼒データが取得でき、NAVI 協調制御の仮想テスト環境を構築することができます。

■特徴
・NAVI 協調制御の開発における仮想テスト環境を構築できます
・⾛⾏中のNAVI 本体のヨーイング・ピッチング挙動を再現し、NAVI内のジャイロセンサ出⼒データをリアルタイムに取得できます
・Yaw 可動範囲(標準)=±360 [deg], 最⾼⾓速度= 30 [deg/s]
・Pitch 可動範囲(標準)=±15 [deg], 最⾼⾓速度= 30 [deg/s]
・1DIN/2DIN インダッシュタイプのNAVI を搭載可能(NAVI 本体⾼さ 70〜155 ㎜)
※インダッシュタイプ以外のNAVI へはカスタイマイズにて個別対応になります

>問合せはこちら

>パンフレット

>プレスリリース

>製品ページ