AZAPA

NEWS

【プレスリリース】MBD(モデルベース開発*1 )推進センターへの参画について ~モノづくりの輪を広げ、日本の自動車産業の発展に貢献 ~

AZAPAは、2021年9月24日に公表のありました、MBDを全国の自動車産業に普及するための組織である「MBD推進センター」に正会員として参画いたします。

MBD推進センターは、全体最適で高度なモノづくりを手戻りなく高効率で行える、モビリティ社会の最先端の開発コミュニティの実現を目的として発足いたしました。活動内容は、2015年度より経済産業省主導のもとで「自動車産業におけるモデル利用のあり方に関する研究会*2」として実施し、とりまとめてきた、「SURIAWASE2.0 *3の深化 ~自動車産業におけるMBDの産学官共同戦略的プロジェクトの方針~」を民間主体で継承したものとなります。

AZAPAは2015年度より、「自動車産業におけるモデル利用のあり方に関する研究会」に参画し、自動車メーカーやサプライヤ、大学などを含む研究施設が一体となったモデルの流通を推進するために、『自動車開発におけるプラントモデルのI/Fガイドライン』や『ガイドライン準拠モデル』の作成に携わって参りました。

また、AZAPAは、エンジン制御開発、電動化などのハイブリッドシステム開発・自動運転・電気自動車等、自動車システムの開発を中心に、システムインテグレータとして、開発を行っています。

これらの技術を融合し、開発プロセスにて、モデルベース開発をすぐに利用できるように、
①性能シミュレーションモデル および
②モデル流通のためのプラットフォーム『Model Market Place』、
③要件を整理し、機能開発からモデル検証が可能なTDM TooLなどの提供と機能ラインナップ拡充を実施し、日本全国の自動車産業にMBDを広く普及するために活動いたします。

■「MBD推進センター」プレスリリース
MBD推進センターのプレスリリースは以下のURLにてご参照いただけます。

https://www.jambe.jp/uploads/20210924a.pdf

*1 MBD (Model-Based Development: モデルベース開発): 設計開発活動において、実物の試作部品ではなくコンピュータ上で再現した「モデル」にその軸足を置いて活動を進めることで、性能構想、設計、部品試作やテストにかかる時間と手間を大幅に短縮/削減し、効率的に開発を行おうとする開発スタイルです。

*2 2015年11月に経済産業省が設置。活動内容や参加企業など詳細は下記参照ください。

https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180404003/20180404003.html


*3「SURIAWASE2.0」は、エンジニアリングチェーン全体で、企業間及び産学間のすりあわせ開発の高度化をMBDによって進める構想です。

>問合せはこちら