AZAPA

PHILOSOPHY

限界を超えるイノベーションで
すべての人が未来を選べる
世界を実現する

CORPORATE VISION
CEO MESSAGE

日本発のオープンイノベーションで、
世界経済の維持・成長に寄与したい

CEO Message CEO Message
日本は世界で最も豊かな国のひとつです。そして、豊かさを未来へ継承する事は、とても重要な役割だと言えます。現在、先進国は内需減少を背景に短期的な成長を求め、新興国市場にグローバル戦略を集中させています。先進国間の競争による新興国における経済的インパクトは非常に大きい一方で、世界の貧困(Base of the Pyramid)は、経済システムから増々乖離し、置き去りにされつつあります。
AZAPAは、こうした経済環境の中で “日本の存在はどうあるべきだろう?”を考え、高度な技術の提供による、日本の産業自立を牽引、新たな経済市場の形成へと導くことを目指します。 その実現に向け、「高度な技術力と豊かな発想力」によって、連続性のイノベーション(革新)を起こします。この挑戦こそ、サスティナブルな「平和と豊さ」を継承する答えであると固く信じています。AZAPAの遺伝子(DNA)は、オリーブの同種で結実しない形質と同じく、人・宗教・国を越えて共創できる象徴として、皆様と共に社会に貢献してまいります。

代表取締役社長&CEO 近藤 康弘

CEO Message
CORPORATE LOGO

会社ロゴに込めた想い

FOR PEACE

すべての人に平和と公平な社会を構築する

FOR INTEGRATION & INNOVATION

異なる分野、技術を融合し、革新的な技術を共創する

FOR BRAND NEW VALUES

人類の成長に新たな価値を創造することで、選択できる世界を増やす

Build VISION

AZAPAのサスティナブル戦略
= 経済を持続させる3つの重点領域

Innovabilityは、innovation + sustainabilityの造語で、イノベーションを基盤とする人類の成長こそが、世界の持続可能性の必須要件であると示唆するものです。それは先進国の発展だけでなく、BOP(=Base of the Pyramid)に成長の機会を与え、利他的な精神により世界全体を良くするためのエコシステムを構築することで、イノベーションの創生とサスティナブルの両方を同時に実現しようという考えです。 AZAPAは、Mobility,Communication, Energyの3つの重点領域と、 ”限界を超えるイノベーションですべての人が未来を選べる世界を実現する” のヴィジョンのもと、技術を通じて人類が豊かになるサスティナブルな世界の実現を目指しています。 BOPは、貧困層という意味だけでなく、産業クラスターや、経済活動・サービスの末端とも広儀に捉えており、限界を超える連続的イノベーションによる成長の拡大を目指すことがサスティナブルにつながると位置付けております。 将来的に、世界の人口の72%を占めると言われる後発開発途上国に対しては、経済のアーリーステージを構築するために、最先端のテクノロジーをリダクションした適用による段階的な成長の実現や、イノベーションの実効性検証による非線形成長の支援を実行したいと考えています。 現段階では、グローバル市場への依存と系列主義的な垂直統合モデルで競争力を高める自動車産業の各レイヤーに対し、消費者への直接的な価値提供を中心に据えた破壊的イノベーションに繋がる商品開発を見据え、上位概念設計における価値設計プロセスやスマートコミュニティによる技術融合といった最先端技術を提供しています。

We Support UN GLOBAL COMPACT

AZAPAはイノベーションの力を通じて、社会の豊かさ(=誰もが未来を選択できる世界)に貢献していく事を使命とし、国連グローバルコンパクトに署名、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて活動する事を宣誓しております。